設立趣旨書


設立趣旨書

1 趣旨

戦後から50年を経て、日本は経済的に豊かな社会を形成してきました。情報化、国際化、価値観の多様化は著しく進化し、社会は複雑になり、科学技術の進歩と経済の発展は物質的な豊かさを生みました。しかし一方で心の豊かさが置き去りにされ、また、家庭教育力は著しく低下し、学校教育の崩壊など、子どもを取り巻く生活環境は大きく混乱しています。
今、社会では教育の基調を変革することが求められています。
私たちは、こうした社会環境の中で子どもたちが、生活を通して、心豊かで、自ら意欲的・主体的に興味や関心を持って、創造性に富んだ活動ができるように、心身の調和のとれた、発達の基礎をなす経験を積み重ねさせ、資質や能力を育成することが必要と考えています。
そこで「生きる力のある子どもの育成」を目標に、子どもたちの健全育成を図って、淑明学園を立ち上げました。「社会」「自然」「人」との関わりの中で生活経験、自然体験を重視した保育活動、障がい児の保育、学童保育、障がい児団体との交流などを行います。
より充実した活動を行うために法人格を取得し社会的認知を得ることが必要と考えておりました。今回、特定非営利活動促進法の施行により法人格の道が開けたため、特定非営利活動法人淑明学園を設立する事と致しました。
この法人は、心身ともに安心できる環境と子どもたちひとりひとりにあったカリキュラムによって子どもたちの健全育成を図るものです。
世界中の全ての子どもたちが幸せと言える21世紀の実現を目指します。

平成12年3月5日

特定非営利活動法人淑明学園
設立代表者 住所 福岡市東区
氏名 古田 稔


Back to top-page